アシェット 週刊F-14 トムキャット その82

甲板の方は完成しました^^。

IMG_1060.HEIC

心配していた機首部分の支え用の穴も無事開けることができました^^。

IMG_1027.HEIC

この後一部塗装の修正をして完成です。

ディフレクター部分も工作時の塗装の剥がれ等を修正して、甲板部分に固定しました。

IMG_1063.HEIC

IMG_1062.HEIC

IMG_1061.HEIC

IMG_1059.HEIC

配線はまだ仮止めしています。

あと、カタパルトのシャトルはアシェットの物を少し改良してそれらしく

IMG_0918.HEIC

ホールドバックバーは真鍮線とパイプで制作しました。

IMG_0940.HEIC

次にいよいよトムキャットを乗せていくわけですが、このトムキャットは電源が入ると全てのギミックが一旦リセットされる仕様となっています。

つまり電源を入れた途端ギア類が引き込まれますので、ギア関連の2、12番のコネクターをメイン基板から抜いておきました。

IMG_1028.HEIC

ギア類を動かしたい時はこのコネクターを刺しなおせばまた動かせます^^。

さらに汚しのお化粧直しを少しw

IMG_1030.HEIC

少し全体的に単調な感じがしたので、機体上面の白っぽい退色部分を少し足す感じにしてみました。

IMG_1041.HEIC

写真で見るとほとんど違いわかりませんねw

IMG_1029.HEIC

機体下面も少しお色直しを^^;

さらに今までは外していた細かいパーツ(ピトー管等)を取り付けて

IMG_1036.HEIC

パイロットを乗せて・・・・・・・!

IMG_1078__1_.jpg

うわ!折れてるw保管が適当ですからね^^;

てなことで早速ジャンクパーツのタミヤのトムキャットからパーツをいただこうと思ったのですが、

IMG_1079.HEIC

この部分全然大きさが違いますw

仕方ないので適当な太さの真鍮線を曲げて接着

IMG_1081.HEIC

なんとかそれらしくなりました^^。

IMG_1082.HEIC

塗装してマスキングテープ巻いて終了^^。

IMG_1083.HEIC

これでトムキャットの方も用意が整いましたので、久しぶりに稼働^^。

IMG_1084.HEIC

よかった〜全部ちゃんと動いてくれます^^。

毎回トムキャット動かす時はちゃんと動くか戦々恐々としていますw

IMG_1085.HEIC

あとは製作物の配置の確認と修正です。

仮置きですがチラ見せで^^;

IMG_1092.HEIC

次回で完成披露となりそうですが、できたら外ロケしたかったのですがやはり巨大すぎて無理ですw残念ですが黒バックでの撮影となりそうです^^;

関連すると思われる記事:

10 comments

  1. プロみたいになっちゃって、イヤ~ん。

    そんな事しか言えない自分が恥ずかしい。…GG。
    (6jiroさんお早うございます)

  2. こんにちは
    甲板の完成、お疲れさまでした!
    各種ギミックも無事に動作してよかったですね。
    本格的なジオラマに仕上がりましたね、素晴らしいです。
    正式に全完成時はリモコンで、脚の台入れや翼の開閉などが楽しめるのでしょうね。
    その際は、また動画を楽しみにしています。

  3. GG.takaさん こんばんは!
    いえいえw相変わらずの失敗ブログですよw
    どうにかこうにか誤魔かしながら完成に持っていけそうです。
    ただ、今回ジオラマでかいのであまりうまく動画が撮れません^^;

  4. Vividさん こんばんは!
    なんとか甲板完成しました^^。
    ディフレクターもVividさんのプログラムのおかげで無事動いています。
    フィギュアを配置してみたのですが、もう2、3体はあった方が良かったかなと少し後悔です^^;
    稼働部の紹介みたいな動画は以前撮っていますから、今回の動画ではその辺どうしようかなと悩み中です^^;

  5. こんばんは!
    いよいよ完成披露が間近なんですね!
    凄いなぁ!!
    前回の記事のサーボの動き、格好良いですね~!
    いっぺんに動かすと物理的負荷がかかりすぎだったのでしょうか(-_-;)
    それも解決されているということで流石です。
    サーボのステップ(float)には小数点を入れても実際にサーボは動くんですね~!?
    ちょうど今やっているので、試しに数値を入れて試してみます(^^)
    プルアップ抵抗で悩んでいたのは、この件だったんですね。

    サーボの動きを変更できるショートピンというのは、PICの1つ足(PIN)を使って、判定フラグによる条件分岐で、サーボ用に用意している2つの記述(バラバラor一斉)に振り分けていらっしゃるという考え方で良いのですよね?

    Vividさんのプログラム&PICにすると配線もスッキリしているので分かりやすいですね。
    本当に便利でスゴイ!

  6. お早うございます。

    トムキャットと一緒だと本当にデカいっすね。
    サンダーバードといいこんなデカいモデルをジオラマ仕立てに
    するって凄いパワーと技が必要ですよね。
    とっても真似ができないです。
    メインのトムキャットも超かっこいいです!!

  7. スゴイ。すごすぎる。

    ジェット噴射の陽炎と爆音が今にも聞こえてきそう。
    えっ?追加で爆煙ギミック入れてくれるんですか?

  8. yangminさん こんばんは!
    どうにかここまできました^^。
    サーボは全体を一緒に動かすと色々な負荷で誤動作しているみたいです。1つでもサーボに負荷がかかって動きが変になると全部のサーボに影響が出る様な感じです。
    まっ、なんとか動きましたのでこのバラバラの方でやっていきます^^。
    サーボのステップはfloat指定になっていますので小数点が使えると思います。

    おっしゃる様にショートピンをひとつのスイッチとして、これの0n/0ffをif文で分岐させました。

    vividさんのプログラムには助けられまくりです^^

  9. ottoさん こんばんは!
    そうなんですよ^^;このジオラマ相当でかいですw
    持ち運ぶのもほんと一苦労なんですよ^^;
    ちなみにサンダーバードの基地は一人では運べませんw
    確かに大きなジオラマを作るのはパワーいるかもですwただ、あまり繊細なことしていません^^;
    勢いですねw
    やはりメインはトムキャットですから少しお色直しして置きました^^。

  10. gyoさん こんばんは!
    勢いでこんなものつくちゃいましたwてな感じですw
    爆煙ギミックはちょっと無理ですが、カタパルトから以前買った加湿器を使って水蒸気を出してみようと思ったのですが、ジオラマ自体がでかすぎて水蒸気がチョロチョロってな感じであまりにも貧弱なのでやめましたw

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo