デアゴ カウンタック LEDあれこれ

デアゴ カウンタック追い込みに入ってきていますので、LEDの仕込みを進めています。

その前に、前回塗装が剥げた部分

2015_ 3_ 4_20_40.jpg

これをマツダ トゥルーレッドでタッチアップしてみました。

関連すると思われる記事:

8 comments

  1. ずいぶん出来上がってきましたね。
    配線が凄いですね。自分はアベンタドールの際に普通のビニール線を使用したのですが、まとまるとすごく太くなって、取り回しに大変でした。
    最後の追い込みですね!

  2. >>写真の右がデアゴの再利用LEDで、左が手持ちのLEDです。

    明るさに差がありますね。 品質の差なのかわざと暗めにしているとか?

    ボディを載せてる毛糸の糸?がGOODです。

  3. こんにちは!

    ほぇ~!タッチアップ、キレイに直るもんですね~!(゜o゜;)

    確かにLEDはちょっと暗そう(-.-;)
    スモールライト、ピッタリに収まりましたね(^-^)
    削ったおかげで、まんべんなく光っていて良い感じです!

    「マジックフィルムをレンズ部分と枠に挟む」というのが、拝見していて分からなかったので、差し支えなければ、どのようなワザなのか教えていただけませんか?m(_ _)m

  4. vividさん こんばんは!
    少しずつですが完成に向かっています。
    配線は無駄に長いので量が多く見えていますが、それほど複雑ではないのです。
    ビニール線も細い物を使わないとホントかさばりますよね〜。
    極力マイナスはまとめて本数少なくするようにしています^^;

  5. MAXYさん こんばんは!

    明るさかなり違いが有るんですよ〜。同じ製品でもLEDは明るさの差が結構あったりしますから、制作時には一旦点灯させて選んだ方が良いですよね〜。
    ただ、デアゴのは暗すぎ!ホントわざとなのかな〜?

    あの毛糸みたいな物はモップですw食卓で模型製作してるんで、いろんな物がその辺に有るのでついつい使っちゃってますw

  6. yangminさん こんばんは!
    タッチアップほとんど分からなくなりますよ〜。このカウンタックの色とバッチリあっていました。

    正確にはマジックミラーフィルムです。すみません。車のガラス等に貼ってあるあの中が見えなくなるやつです。これをレンズのクリアパーツの裏に貼付けて、枠の方に開いている孔を見えなくしています。テールライトの加工のときにも使っていますが、「地球の青」さんで同じように使われていますのでそちらが分かり易いかもです。こちらがその記事です。
    以前、ストラトスの製作の時にLEDが見えるのをどうにかしたくて採用した方法です。

  7. こんばんは~!

    マツダ トゥルーレッドのタッチペン、
    小キズや角の剥げに重宝しますよね(^^)
    デアゴのLEDってヘッドライトもそうだけど単に安物か?(w)
    色は古めかしいし輝度も低いですよね。

    いよいよリトラ電動とりかかりましたか♪
    これまで同様に2サーボ仕様ですか?
    自分は1個けちったせいでパワー不足で
    ゆっくり閉まらなくなりました(^^;)

  8. レッサーかずさん こんばんは!

    マツダ トゥルーレッド完璧ですね〜。自分で補修しておいてどこか分からなくくらいですw良い物教えて頂きました〜!
    デアゴのLED、やっぱ、おかしいですよね!妙に暗いし、色も変な感じですね。

    リトラは私もサーボ1つで行きます。てかレッサーかずさんの構造が一つの完成型だと思いますので、そのままパクらせて頂きます!!m(_ _)m
    サーボ2つをリンクさせるプログラムは問題ないのですが、ご存知のようにサーボの位置やリンケージの長さが少しでも違えば動作させる角度まで変わるので、今回のようにライトがつながれている場合は2つのサーボの方がかえって難しいですよね〜。で、せっかく良いお手本が有るのですから、それをパクらない手は無いですwありがとうございます!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo